神経伝達物質の中には、人間の感情や気分に働きかけるものがあります。
たとえば、セロトニンが不足するとうつ病気分や不安が強くなります。また食欲や睡眠の障害がおこりやすくなります。
また、ノルアドレナリンは危険を感じると放出量が増え、自律神経の活動が高まりますが、不足すると意欲が低下します。

セロトニンやノルアドレナリン以外にも、ドーパミンやアセチルコリン、ギャバ、アドレナリンなどが、感情や気分に働きかけます。
そしてこれらの他にも神経伝達物質は多数あり、このような化学物質が“こころ”を作り上げるのにかかわっているのです。さらにこころの症状は、まだ解明されていない多くの化学的物質の働きから成り立っているといわれます。このことがうつ病の症状の治療に、薬物療法が有効な理由です。

ストレスチェック(ご本人用)ストレスチェック(ご家族用)
心療内科のお問い合わせはコチラ
お問い合わせ