[腎臓の役割]

腎臓は主に血液から老廃物等を取り出し、それを尿として体外へ排泄して血液をきれいにします。他にも血圧や血液中の水分や塩分のバランスを一定に保つなど「肝腎かなめ」と言われるように重要な器官です。

[肥満→腎臓機能が著しく低下→人工透析治療]

肥満は腎臓機能の低下を促進し、慢性腎臓病や腎不全を引き起こすことがあります。それらによって腎臓機能が著しく低下し、自身の腎臓で血液をきれいにできない場合は、人工的に血液をきれいにする透析治療を導入します。

[肥満と腎結石、腎がん]

肥満(BMI30以上)の方は非肥満の方と比べて腎結石になるリスクが上昇します。 また、腎がんの危険因子は肥満、高血圧、喫煙、糖尿病、運動不足といわれています。特に肥満に関しては、BMI30以上の場合、腎がんになり得る危険度は4倍といわれています。

[肥満対策は腎臓を守る]

「肝腎かなめ」の腎臓を守るために普段から食生活(過食や塩分過剰摂取はNG)や適度な運動に気を配り、肥満対策を行いましょう。また、ほとんどの初期腎臓病は自覚症状があまりみられません。腎機能は尿検査や血液検査など簡単な検査で知ることがでますので、定期的な検査、健診等のご利用で腎機能異常の早期発見、早期治療をお勧め致します。