[肥満と消化器に発生するがん]

肥満している方は食道、胃、肝臓、胆嚢、膵臓、大腸のがんを発症するリスクが高まるとの報告があります。その中でも特に肝臓がん発症のリスクが高くなります。(男性4.5倍、女性2.6倍)その肝臓について最近注目されているのは、飲酒によらない脂肪肝です。

[本当は怖い脂肪肝]

脂肪肝の原因は、肥満、糖尿病に合併、多量の飲酒に付随するものなどがあります。その中で飲酒によらない脂肪肝は、一般健診受診者の約30%の方が該当するとの報告もあり、頻度は年々増加しています。またそれは、脂肪肝にとどまらず脂肪肝炎、肝硬変、肝がんへと進展するケースが報告されているので注意が必要です。

[内蔵脂肪蓄積の場所は腹膜]

メタボリックシンドロームという概念は内臓脂肪を指し、その場所は腹膜であることから消化器疾患(内臓脂肪蓄積症)と換言できます。そのため、胃食道逆流症、胆嚢結石、膵炎など消化器疾患との関連は多くあります。

その内蔵脂肪を減らす治療は、栄養療法や運動療法といった生活習慣の改善を基本とします。場合によっては薬物療法を併用しますが、併存する疾患(脂肪肝、糖尿病、脂質異常症、高血圧など)もあることから、必ず医師の管理のもと薬剤治療を行いましょう。